医療法人雅会 丸藤歯科医院

酒田市の歯科一般 審美歯科 予防歯科 インプラント 丸藤歯科医院

〒998-0037 山形県酒田市日吉町1-2-11
TEL 0234-22-3296

 

インプラント治療のステップ

(1)診断と治療計画

お口の診察・検査、エックス線検査、CT検査、模型などから診断と治療計画を決定します。
当院では、提携する病院でCT撮影を行い、歯がない部位の骨の形状、骨質、神経の位置などの把握を行い、インプラント体のサイズ、埋入方向を決定しています。
その後、治療計画について十分な説明、御納得(インフォームド・コンセント)のうえでインプラント治療を進めていきます。

インプラント

 

(2)インプラント手術

インプラント手術は局所麻酔下で行います。歯ぐきを切開後、顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し縫合します。
インプラントはCT診断に用いたガイドプレートを使用して正確な位置に埋入します。症例にもよりますが、手術時間は1~2時間程度です。手術に伴う痛み、腫れの程度、継続期間は臼歯の抜歯と同じくらいと考えてください。術後の注意事項は必ずお守りください。

インプラント

 

(3)手術時の全身管理

インプラント手術中は、様々なストレスにさらされます。
手術中の全身状態を適切に把握するために、バイタルセンサーを用いてモニタリングを行っています。モリタリングにより呼吸・循環動態をはじめとした各種バイタルサインを正確に捉える事ができ、安全性に配慮した手術をおこなうことが出来ます。

インプラント

 

(4)免荷期間のケア

インプラントが骨としっかりとくっつくまで、約2~6カ月荷重を与えず安静に保ちます。(骨の状態など、様々な条件により異なります。)1回法の場合は、カフ上部が口の中に露出しますので、インプラント用ソフトブラシでクリーニングします。

インプラント

 

(5)歯の装着・メインテナンス

免荷期間後、良好な治癒経過であれば型を採り、土台装置をインプラントに連結して上部の歯を装着します。奥歯の場合はハイブリッドセラミックスを用いて、審美的・機能的に仕上げます。
歯の装着後は定期的なメインテナンスが必要です。インプラントはメインテナンスフリーではありませんので、定期的に歯肉の状態、骨の状態、噛み合わせのチェックが必要です。インプラントを長持ちさせる為、必ず定期検診を受けましょう。

インプラント